上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これ、なんだ。

ちょこ1


昨日、母校に行ってラテンアメリカ経済の教授にいただいたもの。

私の専攻はアメリカ経済だったのですが、途上国に関心があったのでこの先生のNGO論の授業が好きで、単位とった後も授業を聴講させてもらったり、ボランティアとかの面白い情報があれば教えてもらっていました。
ウガンダ行く前もいろいろアドバイスをいただいた。

てことで、今回帰国のご挨拶がてら、先生のゼミ生さんたちにウガンダでの活動のお話しをしてきました。

そのあとに研究室で「飲もう~」と先生が言い出して
研究室のキャビネットから
赤ワイン
テキーラ
もひとつテキーラ

チーズ
高いチーズ
クラッカー
んで、さっきのアレが出てきた。

飲む気まんまんな研究室だなあ…(笑)

自分の指導教授だった先生は研究室で飲むのはコーヒーだけだったので、とても新鮮。

さっきのアレはなにかというと、

ちょこ2

チョコでした

つい先日まで仕事でコスタリカかチリかメキシコだかに行ってた先生が(どこだか忘れた…)
露店で買ったもの。
露店のおばちゃんが作っている、ホームメイドのカカオ80%チョコなんだそう。

たまげた~

ウガンダでもカカオは生産しているけど、あくまで輸出用であって、チョコの作り方なんか一般人は知らない。
首都のマーケットでカカオを売ってる人に
「これどうやって加工するか知ってる?」と聞くと
「これからチョコレートができるんだ」と答えるんだけど
「だから、どうやってこれからチョコを作るのか、方法を知ってる?」と聞き返すも
「これからチョコが…」と繰り返された。
ウガンダ産カカオでチョコレートを作っている日本人はいるけども。

しかもカカオ生産国、コーヒー生産国でありながら、村落のほとんどの人はチョコやインスタントじゃないコーヒーなんて口にしたことない。インスタントコーヒーですら、金持ちが飲むものだし。

それが、南米は露店のおばちゃんがチョコを手作りしちゃう。
南米スゴイ…
別にいただいたグアバのゼリー入りのチョコもすごいおいしかった~

世界はおもしろいなあ。

最近内向き傾向だという学生さんたちに、アフリカのおもしろさを少しでも伝えられてるといいなと思いました。
2012.12.04 九州の旅
西日本の旅、後半は九州です。

47都道府県旅行したことがあるいくちゃんに、
「九州旅行いくんだあ」と言ったところ、
「いいねえ~。何日間?」と問われ
「5日。」と答えたら

「みじか!!!」

と、びっくりされた。

「九州満喫するんなら、1カ月は要るよ。1週間でも短い。九州なめてるでしょ。」


結論からいうと、

九州なめてた!!
想像以上に楽しかったー!!

旅の始まりは長崎は島原。
からの~、
熊本。

九州素敵ポイント①城がなんか頑張ってる。

simabara


島原城では妙齢のおばちゃんたちが派手な蛍光色の忍者衣装で迎え入れてくれる。
しかし熊本城では今イケメン武将たちがガイドしてくれるらしい。しかも侍言葉で。「寒い中よう来られた。ごゆるりと過ごされよ。」とかって。
行き逃した…。


九州素敵ポイント②名産が一期一会。

トルコライスはほとんど長崎にしかない。
からしれんこんもほとんど熊本にしかない。
熊本駅や阿蘇で見かけた名産品は天草では売ってない。
それぞれの地域に名産があるので、移動すると売ってる物がかなり違う。

ただし、チキン南蛮はどこでもある。気がする。
そして2011年のゆるキャラNo.1、くまもんは、熊本のもんなのに島原でも博多でも買えちゃうっていう。
kumamon


ところで、もともと私が長崎行くついでに九州旅行しよっかなって言ってたところ、
「ぼくも行きたいですー」と北海道からキャプテン(仮称)
「俺も行くー」と沖縄旅行帰りのうめちゃんも、共通の宮崎の友人・おにちゃんを訪ねることになりました。
そしてなぜか宮崎ではなく熊本で合流することに。
そして天草に宿とったのに、「阿蘇に行きたい!!」と盛り上がってしまった一行。
ちなみに阿蘇は天草とは方向真逆。

そしてキャプテンがやたらと軽装なのは、「九州はきっと小春日和」と勘違いしたためです。

capten

なめてるのか過大評価してるのか。


あいにくの小雨が阿蘇の気温を氷点下近くまで押し下げる。
標高は1,258m。
ウガンダの首都カンパラより高度低いくせに、寒さ半端ない。

rope

さて、阿蘇の火口は!!!

絶景!!!

ドーーーーーーン!!!

kakou


霧しか見えな~い。
しかもかなり寒い。

キャプテンが死んじゃいそうです。道産子なのに。

dosannko

カメラ大好きうめちゃんが、わざわざパノラマで阿蘇のカルデラを撮ってくれました。
バーーーーーーン!!!

karudera

霧しか見えな~い。

30分ほど堪能してから下山。そこでキャプテンが耳を疑う一言。

「ぼくソフトクリーム食べたいです~

soft

Mなのか。ドMなのか、キャプテン。

つられて頼んじゃったじゃん。
火山灰ソフト。


それから天草に向かいました。
天草着、19:00。真逆なんでね。

辺鄙な土地だと思っていたら、とんでもない。想像以上に栄えていました。岐阜、勝てるかな、どうかな、ってくらい。
温泉も飲み屋さんも大満足。


翌日、キャプテンとうめちゃんと別れて太宰府天満宮に行ってきました。学業の神様の総本山。
参道で梅ヶ枝餅ってのを売ってる。
伊勢神宮といえば赤福とか伊勢うどんだけど、
太宰府天満宮といえばこの梅ヶ枝餅らしい。
しかも毎月25日は菅原道真公の命日とかで、よもぎ入りの梅ヶ枝餅が食べられる!

…のですが、それもあってか、連休最終日のよく晴れたこの日、太宰府天満宮は長蛇の渋滞。
え、こんなに混むとこなんだ、ここ。。

友人・モリゾーの実家のお店に行って勝手にチャーミングなお母さんと談笑してきました。(本人は今名古屋)

umegaemoti

梅ヶ枝餅おいしかった~
もち米だけじゃなくうるち米も使ってるんだって。
外側をパリッと焼いてあって、太宰府から合流したガンディーいわく「今まで食べた梅ヶ枝餅のなかで一番おいしい」とのことなので、行ってみて下さい。小野筑紫堂。
持ち帰るより、その場で食べないと魅力が半減しちゃう。

それから本堂へお参りして、お守り買って来ました。
これから大学院を目指す、ウガンダ同期隊員たちのために。
良い結果がでますよーに!
2012.11.23 西日本の旅
日本に帰ってきて2週間ちょい経ちました。

あの、前もお伝えしたかもわかりませんが、iphoneをウガンダでなくしまして。
Facebookでつながってる人以外、連絡が取れません。
良かったらコメント欄にロックかけて教えてもらえないでしょうか。

で、
久々に帰国して、どうよ。と聞かれるんだけど、

日本はやたら怒ってる人がいっぱいいるなあと思いました。
病院で、ホテルで、空港で、怒ってるというか切れてるというか。
アフリカじゃあまり見かけないので、びくびくしてしまいます。

あとやっぱりごはんがおいしい。
白ご飯。
もっといっぱい食べたい気持ちに、胃袋が追いつかない。


岐阜に戻った後は、父と二人暮らしを始めました。
いや、岐阜、寒すぎる…

んで、尻もあたたまらないうちに、東京での友人の結婚式からスタートし、西日本の旅行に出かけています。
東京、京都、神戸、大阪、長崎、熊本を巡る1週間の旅。

3年ぶりの日本の秋はきれいだよ。
@京都の嵐山。
嵐山
紅葉

すごいおばちゃんだらけなんだけど。
手をつないで仲良く観光してる老夫婦見ると、なんだかじーんときちゃう。

神戸の家探しがスムーズに終わって、はて、何しよう?と思ったときに思い出したのが、この旅のいちばん最初の友人の結婚式。
@東京のお台場。
お台場

新郎が大学時代に関東近辺の経済・経営系学部の合同討論大会で一緒に実行委員やったメンバーでして
新婦が他大学のスタッフだった。

宮城県出身の彼は、昨年の大震災の際に実家を失くしてる。
一度ウガンダから電話をしたときは明るい声だったけど、
その後の彼の苦悩や家族の苦労は大変なものだったらしい。
それを乗り越えての、結婚式でした。
最後の挨拶には、彼の家族への強い愛情と決意が見えて、ほんっとーーーにかっこよかった!!
良いお式だった。行って良かった。


この日本が大惨事の時に、日本にいなかったことは、後悔はしてないけど後ろめたさがある。
あの日に何が起きたか、当時は動画はおろか、画像すら見れなかった。
私の友人たちが、何を失ったのか、どれだけ辛い思いをしたのか、他の日本人より分かってあげられない。

で、神戸で、「人と防災未来センター」に行ってきました。
ここは阪神・淡路大震災の資料館。今、東日本大震災の記録映像の放映もしてます。
阪神・淡路大震災の地震発生時の映像をフルスクリーンで7分間見た後に、復興の様子の映像、数々の資料、防災・減災の知恵を見ることができる。
すっごく勉強になったので、お勧めです。
しかし冒頭の7分間の映像見ただけで、涙ボロボロでてきた…映像すごすぎて…
映像を見れるフロアには、救護用のベッドも複数用意してある。

震災から復興への資料や映像をじっくり見て、数日前の結婚式を思い出したら、頭がクリアになりました。
ごちゃごちゃ悩んでないで、後ろめたいとか言ってないで、とにかく自分の大切な人たちをちゃんと守れるようにならないと。そして自分の決めた道を真剣に真剣に邁進しないと。「今」に全力尽くす以外にはきっと何もできない。過去には戻れない。

明日熊本を満喫したら、おやすみは終わりってことで。
ちゃきちゃき勉強します!
2010.09.24 ゼミ同期飲み
今日はゼミの同期のうち6人と先生とで新宿で飲んできました!

ゼミ飲み


1コ下の子たちには声かけれなくて申し訳ないですが、人数的にもわきあいあい話せて楽しかった♪
みちこのボストンからおかえりなさい会と、わたしのウガンダいってらっしゃい会と、あと更なるお祝い事!

地方に行っていた子も東京本社やら東京の出向先に異動してたり
このくらいの年代は、本社に呼び寄せられる年頃なのかなあ。

そして、みんな、先生にワインを注がれるときについついグラスを持って傾けてしまう。
サラリーマンの習性なのかしら。。

お祝い事が増えたことも
みんながけっこう東京近辺に集中してることも
かにたくんの結婚式の二次会に「平服とは普段着のことじゃない」とさんざん言われてたあきおくんがスーツで現れたのも
いろいろびっくり。
2010.09.22 稲刈り@ARI
今日は、5月の技術補完研修でお世話になったアジア学院へ再びおじゃましてきました!


先日の大雨で、稲刈りが一週間延期になったとのこと。
東京駅で新幹線に乗り、宇都宮以北の田んぼを眺めながら那須塩原へ向かったのですが、けっこう稲が倒伏しているのが目につきます。。心配。
田植したころには冷夏になるといわれていたのに、結局の猛暑。農家さんは大変。。

5時半ごろ家を出て、ついたのはちょうど朝ごはん最中の8時半。みんなが朝ごはんを食べてるコイノニア(食堂の名前)に顔を出すと、みんな「おお~!!おかえり~!!」「Oga~!!」「How are you~!!」と大歓迎してくれました。うれしはずかし。

日本の夏はどうだった?と聞くと、ウガンダ人のD氏は「Bad!!」むしむしして最悪だって。
ネパール人の女性に聞くと、「It was similar to Neparl.」ネパールと似たようなもん、と。
キリバス人のM氏は「Nice!」
出身国によって、反応が違って面白いねー!

稲刈りは来週になると聞いてたんだけど、今日はちょっと収穫して、はざ掛けする場所を作って台を組むんだとか。午前中は収穫のお手伝いをさせてもらいました。
みんなでテケテケ田んぼまで、木を運んで行って…

まずは不耕起栽培田を稲刈り。雑草がすごいです。

普通の手植え(機械植えかなあ?)の畑。雑草の量が全然少ない!稲刈りしやすい!

アジア学院、夏の終わりの昼ごはん。キュウリ、トマト、なす、空芯菜など。5月とは野菜のバラエティーが違う(笑)前回来た時は、アブラナ科の野菜が(大根とか)育ちきったあとの菜の花とか、多かったもんなあ。

昼休みに、8月に生まれたひよこたちと(フィリピン人の人があげるコオロギを一生懸命食べてた。。)
6月に生まれた子牛を見に行って

午後は事務作業のお手伝いをして、夜ごはん前にD氏からプチ・ルガンダ語レッスン受けて、夜ご飯食べて、みんなの歌の練習聞いてから、駅まで送ってもらいました。大したお手伝いなんてできなくて恐縮でしたが、帰り際に「顔出してくれるだけでうれしいよ」と言ってもらえて、じーんときました。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。