上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月中旬の話だけど、財布盗まれました。

カンパラのバスパークにバスが着いて、バックパックを背負ってバスを降り、隊員の送別会が行われる中華料理屋にむかって人ごみの中を歩き、中華料理屋に着いたときに、財布がなくなってることに気付いた。
財布はバックパックの外側のチャックの中に入ってた。
たぶん、バスを降りる際に、バックパックを背負って人が降りていくのを待ってた、その時に後ろの人に盗られたんだと思う。


ああ、不注意すぎた。。


平和ボケしていました。あまりにも不注意すぎた。
ひったくられない位置に大切なもの持つとか、分散してお金持つとか、もう一度安全管理を見直さなきゃ。。
ウガンダの調整員のトップ、Yさんとランチしていたときに
「バックパックに、雨よけのカバーをしとくといいよ。後ろからチャック開けられないから。なければ、他の国の子が、チテンジでカバー作ってたし。」
と提案してくださった。
Yさんはアフリカ各国で職歴を重ねてきた方。なるほど!チテンジ買ってきて作ろう。


盗まれた財布に入っていたのは、110,000シリングと200ドル。しめて20,000円強。
銀行のATMカードは、結局引き出されることなく、月曜に即日再発行できました!


一番痛いのは40,000円の財布…orz

コロコロ

Felisiのコロコロ。。。

なんでそんな高価なもん持ってきちゃったんだろうと思ったけど
だって、だって、財布って盗まれること前提で持たないじゃん。
超お気に入りだったし、
コロコロはジャバラでお札入れるとこいっぱいあるから、札の種類の多い海外旅行では便利なんだもん。。
あーあ。。


というわけで、ついうっかり忘れていたけど、Police Reportを作ってもらうためにクミ県の警察署に行ってきました。カンパラで作る時間なかったの。


ウガンダの警察官にごやっかいになるのは初めて。
どきどき。

「あの、Police Reportを作ってもらいたいんですけど…」

「へい!らっしゃい!なにがあったんだマイシスター!!」

「えっと、財布を盗まれて。先月半ばの話なんだけど、Police Reportをボスに出さなきゃいけないの」

「シスター、名前は?!歳は?!結婚してるのか?!」

「結婚て、関係あんのソレ!www」

「ちなみにこれ↑がマイワイフだ!」

「違うし!!」


という、コントみたいな警察署でした。

事情聴取はマンゴーの木の下で。
事情聴取

うしろをのんびり牛が通っていきます。
のどかだー。

「初体験だから、写真とってもいい?」って聞いたら、「にゃははは」と快諾してくれた警官。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/85-ef54297c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。