上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
療養生活も27日を過ぎ。

とうとう任地へ帰ってきました!!

ドクターの許可が下りたというより、
「おうちかえりたいよー!!」
と病院の診療台の上でさんざん駄々をこねてきた。
こんなわたしも、ことし29になります。。

ガーゼ交換はちゃんと自分でやる、1週間後に再診することを条件に戻ってきました。


ところで、1週間前、右足の太ももに異変が起きました。


4つの小さなできものが並んでできていた。


にきび?
虫さされ?

かゆくはなくて、ちょっと痛い。


なんだろう…



そのできものは、だんだん大きくなっていった。



しこりもできてきた。



スカートが触れるだけでも痛かった。
左足の傷口以上に痛かった。




これ…

にきびじゃないんじゃ…




「ジャングルで最も怖い生き物は、獣ではなく虫である」
という言葉が指す通り、虫は怖い。




つい先日は毒クモに刺された隊員が、皮膚の下に膿がたまって、皮膚の下にガーゼを入れて膿を出すという激痛治療体験をしたし



皮膚下に卵をうみつけて孵化して成長するヒトヒフバエとか(これはアフリカにいるのか?)スナノミとか



吸血中のマダニを無理に取ろうとすると、針が体内に残って感染するとかなんとか





……どうしよう。



できものはどんどんはれ上がってく。直径5~6cmになってんじゃないだろうか。



きっと、ニキビだろう。



膿を出せば、きっと腫れはおさまってく。




つぶしちゃおう。





5日後の夜中、ついに決行した。




腫れの中心を小さく傷つけて




その周りをぐっと抑えてみる。





すると






出てきたのは










特大ウジ虫




……っぽいかんじのビジュアルの、膿でした。



めっっっっっっっっちゃビビったわ!!!!!!



しかしおかげで、腫れは徐々に引いてきた。
原因はよくわからんが、健康管理員さんも看護師隊員も
「腫れ引いてきてるならいいんじゃない?」
「石鹸でよく洗って、最後に綺麗なお水で流して、ゲンタシン軟膏塗っといて、ガーゼ当てて。悪化したら、抗生剤飲みましょう。」

なんてことはなかった。
どきどきして損した。。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/79-ccabc599
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。