上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.10 乾季の終盤に
乾季も終わりに近づき、ウガンダ・クミ県は超暑い日が続きます。
ウガンダ人が、「デンジャラス!」と表現するほど日差しの強い日々。
もう風も全然涼しくない。
湿気の無い沖縄の夏みたい。
乾燥しすぎて、ここ1カ月ほど毎日鼻血でる。。

地下水も少なくなってきて、
水田に水が張れない。
農家同士で水利の奪い合い。
ジェリカン(20L)の水の価格も、5~10倍に跳ね上がった。

この水価格の高騰が、みんなの家計を逼迫してる。

ある日の友人の子供のお昼ごはんは、キャベツとトマトの和えものと、ポショだった。しかも、食べ物買うお金がなくて、お隣さんがご飯を分けてあげたもの。
食べるものがあるだけ、彼女はまだいいのかもしれない。
米と牛肉買ってあげたお礼に、私にも出してくれました。
友人は、自分は食べずに、「妊娠してる友達が具合悪いっていうから、お手伝いに行って来るね。自分の家みたいにくつろいでってね!」と出かけて行った。

こんなぎりぎりの生活で、自分なら人にやさしくできるかな…
いや、無理だな…


アフリカにやってきたのは、
「貧困削減するために、私に何ができるのか、何を学ぶべきなのか、どうするといいのか」
ていう、ぼーんやりした疑問をもう少し具体的にする目的があったからなんですが、
自分の住んでるあたりだけに限って考えると、
「安全な水が低コストで得られること」
が、ほとんど全ての人が享受できる貧困削減策かもしれないと、なんとなく思いました。

稲作は、米作れるとこに住んでる人しかできないし。

でも、これが実現されるのに何が必要なのか、ネットでgoogleる程度じゃよくわかりません。



そうそう、こないだやっとこさ、バイクが貸与されました。
5か月かかった。
途上国のでこぼこ道走るのは、超怖いです。
砂に車輪がとられて滑るし
教習所でさんざんやった、S字と一本橋と波状路の、合わせ技みたいなやつが延々続く。
貸与された翌日さっそく、こちらに向かってきた竜巻を避けようとしてこけました。
こんな怖い道でも、雪道での新聞配達に比べたらかわいいもんだと思える。
人生に無駄はなかった。。



4月1日~3日、横浜の赤レンガ倉庫でアフリカンフェスティバルがあるみたいです。
http://africanfestyokohama.com/
気になる。


2月14日、日本でJTから缶コーヒーRoots「SOUL Uganda」が発売されたらしいです。
気になる。
こんなにUGANDA LOVEなのに飲めないなんて。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/55-8df3c5cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。