上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.21 大統領選挙
2月18日はウガンダの大統領選挙でした。
LC5(県)の選挙、国会議員選挙、LC3(郡)の選挙と、選挙が続きます。

5年に一度の大イベントです。もうお祭り騒ぎです。


最有力候補は現職のヨウェリ・ムセベニ氏。
アミン、オボテと続いてクーデター続きだったウガンダが今平和なのは、ムセベニによる長期安定政権のおかげだけど、とにかく汚職がすごいとのこと。


ポスターの写真も遊説中もずーっと麦わら帽子的なものをかぶってるのが、不思議でなりません。
ムセベニ
yahoo!ニュースより。

テソ族は反ムセベニの色が強い。
「なんでこの人はいつもこの帽子かぶってるの?」
と友人ジョイスに聞いたところ
「ハゲなんじゃない」

若者層の支持を得たいムセベニ氏。
ラップをリリースして、ラッパーとして大ヒット!!
「You want another rap?」
「Yes, ssebo-!!」(Yes sirみたいな)
というフレーズ、日本人が言うと必ず爆笑をとれるマジックワードになりました。

町を歩くとトラックにサポーターをわんさか乗せた選挙カーが応援ソングを爆音でかけながら通り過ぎていきます。ブブセラ、まじでうるさい。南アW杯でうるささにキレたオランダの監督の気持ちがわかる。
応援ソングの、
「ムセベニ―!」
「オゥーイエェー!」(ちょっと色っぽく読んで)
フレーズが面白すぎて、笑いをこらえるのが大変。


は~楽しそうだなみんな。


とか思ってたら


2月上旬、JICA事務所で、エジプト旅行から帰った隊員たちに出会ったのですが。
エジプトは選挙戦で荒れて、ATMは止まっちゃうわ、市民は凶器持って暴徒化してるわ、昼の3時から朝の10時まで外出禁止令でてるわ、もう大ー変だったらしい。

なんかみんな、玉手箱開けた後の浦島太郎みたいだったー

疲れきって、選挙をめっちゃおびえていました。


そんなこわいんだ…


ウガンダ隊員は2月17日から3月9日まで、国内移動の禁止
2月18日から20日は自宅待機となりました。
万一に備えて、首都避難、国外退避の手順も打ち合わせて



どきどき…


2月18日
朝から晩まで英語の勉強してみました。

2月19日
朝から晩まで英語の勉強してみました。

2月20日
朝から晩まで英語の勉強してたらさすがに電子辞書の電池が尽きました。


………あれっ?

選挙、どーなった?
ぜんぜん外がうるさくない。


ラジオもテレビもネットもないのでわかんない。
ムセベニ氏の再選は、日本の友人に電話して教えてもらいました。


とても平和のうちに終わったようです。
ここ数日の一番のショッキングな事件は、隣のおうちの2歳のアフェが、玄関先で育てている私のバジルの葉を全部むしったことです。
「あきゃ~」っつって。

あきゃーじゃねえよ!!

彼女の母ちゃんは爆笑していました。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/51-c57cfc88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。