上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.19 初めて
こんなの初めて!
という新鮮体験も乏しくなってきた、帰国7か月前の今日この頃・・・



初めて!!

ウガンダ人に!!!

貸した金返してもらった!!!!


しかも催促なし!
しかも50,000シル!
(彼女の月給の1/3-1/4の額なはず)


ある程度のステイタスの人間はそもそも「貸して」とか言ってこないが

同年代の女性は、仲良くなればなるほど無心がずうずうしくなってくる。
「申し訳ないんだけど、お金入ったらすぐ返すから、食べ物を買うお金を貸して」という態度から
「You give me 5,000」と電話&命令形&家まで届けに来い、まで変わってしまう。
変わらないのは、いずれにしても結局は返さないこと。


彼女たちの生活の厳しさはわかっているので、返してくれなくてもしょうがないか…と思うんだけど、
この肌の色を見たら金づるとしか思われないのかと悲しくなってしまう



なので、ジョイスに50,000シル差し出されたときにびっくりした顔をしていたらしく、
「なによ。忘れてたの?子供の学費に貸してくれたやつよ。」
とジョイスは笑ってた。
忘れてたんじゃなくて、彼女のことを全く信用してなかった。全額催促無しで返すとは思っていなかった。


金づるではなく、1人の友人としてつきあっていてくれたことがわかって、
こんなことがとても嬉しくてしかたなかった。


「信じてたのに裏切られたりとか、嫌な思いをすることがいっぱいある、って言う人もいるけど。それでも、信頼できる友達っていうのは、いいもんだよ。」
と言った先輩隊員の言葉を思い出します。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/121-ecfe7cd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。