上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーチソン国立公園から帰った翌日、時間が空いたので、前から行きたいと思ってたウガンダ博物館に行ってきました!

ここにはウガンダの歴史やら、民族楽器、鉱物、民族装具や伝統医療用具、器や交通についてなど、様々な展示がしてあります。

「つっこみ所が満載で面白い!」
との前評判ですが、いやいや。

ここはひとつ、ウガンダで働く異国人として、敬意を持って彼らの文化を学びたいところです。


ウガンダには多くの民族が存在します。
彼らが祭祀の時に踊る時つける、ヘッドドレス。(って言ったらいいの?)
headdress

北部のアチョリ族なんかは華やかですねー。


酒器の形も様々です。

sake

必ず口が狭まってるのはなんででしょう。
模様がおしゃれ。
今も昔も、歌、ダンス、酒はウガンダの大事な娯楽のようです。


ソガ族「おまえら、今日は朝まで飲むで!」
soga2

「か~んぱ~い」
yari








ソガ族「あ”~ ……飲み…すぎ…た…」
soga

グウェレ族「……大丈夫?
gwere

トロ族「…今…話しかけんといて…うぷ」
toro

ナイジェリア人「ばかめ!」
nigeria


て感じですねこの顔。


どうやらお面てのは、有名な人や偉い人にあやかって、その顔に似せてつくられることが多かったようで。
だからなんだかデスマスク的な感じのが多いんかなぁ?
ナイジェリアのは、ちょっと日本の般若っぽい。
でもマスク面白かった。もっといっぱい見たいよー。

そういや以前、ピエールエルメがアフリカのお面の形のチョコレートをバレンタイン時期に販売してました。
「マスク・ショコラ」と「プティ・マスク・ショコラ」。
箱を開けるとずらっと並ぶチョコのお面。
もちろん買って当時の彼にあげました。迷惑だったろう…
もうじきバレンタインですね!
当然この国にチョコを贈る文化などありません。みんな決まった色の服を着て、男女がデートする日。
おいしいチョコが恋しいなー♪
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/116-5fc83c3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。