上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ようやくTOEFL受けてきました。
3度目にして、やっと。
途中でシステムダウンしたけど。
リスニングテストで、写真の男女が老け過ぎてて、最初「大学スタッフと学生の会話」だと気付かんかったけど。

TOEFL初めてなんだけど、難しいね?
スピーキングテストで
「マングースのように群れで生活する動物について述べよ」
45秒間ノンストップでロジカルにしゃべるなんて、日本語でも無理です、わたし。。

しかしこれを乗り越えることで得られるものは多そうです。


今回は万全を期して、試験会場にほど近いNew City Annex Hotelに宿をとりました。
乗合バスの運行状況、道路状況、土砂降りのリスクを避けるため。
前日に隊員ドミトリーで日本語にまみれたくないし。

安くて良いゲストハウスを友人たちに聞いたところ、おすすめされたのがここ。
シングル18,000シル(550円くらい)からあるけど、この日は空室が少なく、70,000シル(2,100円くらい)のツインをシングルユース。高いけど、セルフコンテインだしまあいいか。。

bed

なぜかコンセントが6つもあります。なにをそんなに充電するものがある?

desk

エアコンもついています。が、エアコンの下は網戸です。
空調効率という言葉を知らないようです。

ac

ホテルに1人で宿泊とは、会社員時代の出張を思い出します。

出張の際の宿選びには、「大浴場つき」にこだわって探していた私。
……誰からも共感を得られませんでした。
平日のビジネスホテルの大浴場の女湯なんて、誰もいなくて貸し切り状態でナイスなのに!

ちなみに、富山出身の先輩は「部屋の広さ」でホテルを選んでる、と言ってました。
「宿泊手当超えてもいい、狭いとこになんて泊りたくない」
実は富山県は戸建て住宅1戸当たりの延べ床面積が全国一です。
富山人らしいなあと思ったんだけど。

ここのホテルのシャワーは水量もしっかり出たし、ちゃんとお湯だし、しかもレインシャワー。
これだけでも、はー もう幸せ。。
自分ちだと、断水で水浴びすら何日もままならないことがあるもので。

そういえば、かつて1人暮らししていたマンションのバスルームは、設定した温度でシャワーが出ていた…
しかも自動でお湯貯めれた…
無駄に液晶テレビもラジオもついてた…
今、あの風呂に入ったら感動で泣く自信があるわー。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/112-133b23cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。