上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赴任したての土間の様子。

049お茶

やけど事件から、ケロシンクッカ―(灯油炊きの簡易コンロ)が怖くて使えなくなったので、電気クッカ―を買いました。
でもいまだに床でお料理してた。

002料理

おままごとみたいで
これはこれで楽チンでよかったんだけど。
衛生的に良くないし、床掃除しにくいので、台を設置することにしました。

★帰国時には後任隊員orご近所さんに売るかあげるかするので、汎用性の高い仕様にしたい。
★食器かごと調味料かごとコンロと浄水器を載せたい。
★下にはバケツ類を収納して、土間をすっきりさせたい。
ていう希望から

奥行き40cm、幅70cm、高さ35cmのテーブルを2つ、家具職人さんに作ってもらうことにしました。
だいたいこれくらいのサイズを食卓として使う家庭が多い。
ウガンダの地方では、家具はオーダーするのが一般的。
今回頼んだのは、以前デスクを頼んだこともあるおにいさんです。

他の隊員に聞くと
「頼んだ家具が3週間たってもぜんぜんできてない!いいわけばっかり!」
「頼んだ棚のサイズが全然違う!」
ていうトラブルもよく聞くけど…

このおにいさん、仕事が早いしちゃんとしてます!
わかんないことはちゃんと聞いてくれます。
しかし、
「アチョラ。プロブレムだ。俺のメジャーに、『35cm』が無い
と真面目に言われたときは、
「大丈夫か…?」と思った。
「この、『30cm』と『40cm』の間にある『5』の位置が、『35cm』だよ。」
「おお
どういう人生おくると、35cmの計測を避けて通れるんだ?


今日てけてけ通りがかったところ、「できたよー」と言うので、一緒におうちまで運んでもらった。
サイズをはかってみたら、40.5cm×71cm。
そして高さ。注文時に私はこう注意していました。
「この35cmってのは、厳密じゃなくていい。要は、テーブルの下に高さ31cmのものを収納したいから、それが入ればいいの。31cmでも、40cmでも、5センチくらいの誤差は構わない。」

で、テーブル下、32cm!OK!!
なんか、足の装飾凝ってるし。

006キッチン

調理環境がぐっと向上!!


ところで、最近肉が食べたくて食べたくて、しょーがなかった。
もう、アロマテラピーで「肉の香り」とかあればもう少し心穏やかでいられる気がするのに。

肉食べたさが極限まで達したので

とうとう

マーケットで売ってるアレにトライしました。

001にくや

ハエたかってて、いつカットしたかわかんないので、「腹壊したらイヤ」と思って買わないできた、アレ。
500g単位でしか買えないので、そんないっぱい食べないよ、と思って買わないできた、アレ。

ハーフキロ買っても大丈夫!
食べれるとこ、3分の1くらいしかないから!
あとは骨と脂肪とすじ!

薄く切って、たれに漬け込みます。
たれは、醤油&さとう&ごま油&ワラジ(バナナの蒸留酒)&ガーリックパウダー&チリ。

003たれ

ひとり焼き肉

004やきにく

うまいっ
3,000シル(85円くらい)であじわう贅沢!

くさみがあるので(乳くさいというかなんというか)、胡椒とかショウガをきかすといいかも。
Secret

TrackBackURL
→http://ogalemon.blog57.fc2.com/tb.php/105-7b38169d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。