上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の日曜日は、最後のソロティ会でした。
ウガンダ隊の任地で最も暑い、テソ地方で暮らす5人+ゲスト隊員2人でホロホロ鳥+@を食べることに。
ホロホロ鳥ってのは、なんだかファンタジー漫画にでも出てきそうですが、フランス料理では高級食材なんだとか。あんまり卵産まないんだって。

☆☆おいしいホロホロ鳥スープの作り方☆☆

①まず、ホロホロ鳥をGETしましょう。その辺を歩いているホロホロ鳥を見つけ、持ち主に「欲しいんだけど」と伝えます。このとき、真剣にホロホロ鳥を食べたいんだとアピールすることが必要です。
「冗談なんだと思われてた」by オティム隊員。

②つぎに、ホロホロ鳥を捕まえられる、セボ(男性のこと)を用意しましょう。俊敏であればなおGood。なぜならホロホロ鳥はとても素早い。とても捕まえにくい。罠をかけないと捕えられない。時に数日にわたる追いかけっこにもなりかけない。お買い求めは計画的に。

③ナイフ、お湯、桶の他、鶏の屠殺に熟練した助手を用意しましょう。今日は数々の鶏をその手にかけてきたオティム隊員にお越しいただいてます。ぱちぱちぱち。
「たまになんか、無性に鶏をしめたくなるんですよね。」
彼の帰国後が心配です。

④「じゃー、鳥の頭をこう掴んでもらって。ここの頸動脈、さっき見つけましたんで!ここをスパッと。スパッと切ってくださいね。切り損ねると、みんな返り血浴びちゃいますから!ははは」
さわやか。
実にさわやか。
赴任時から1年10カ月、彼のさわやかさは消えていない。
言う内容が怖くなっただけで。

右手に包丁、左手に鳥の頭。
左手に包んだ鳥の温かさを感じたら、もうだめでした。
「やっぱ絞めれない……」
というわけで絞め役はきりさん(動物園勤務)にバトンタッチ。
ホロホロ鳥の胴体抑え役はオティム隊員。
26

散々見慣れてきたけれど、生き物を食べると言うことは、この暖かい生き物の息の根を止める事なんだと改めて思い知った。

ここからは写真が続くので、大丈夫な人だけどうぞ。
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。