上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マサイマラ国立公園にて。
サファリ2日目の1day gameから帰ってきたのは16:00頃。

まだ日も明るいので、マサイ族の村に行ってみよう、ということになりました。
一人20ドルで、ダンスやおうちの様子などをみせてくれるとのこと。
あの有名なマサイ族と話ができるなら、行こう行こう!!
と行ってきました、マサイ村。

k21

ここでも役に立った!マサイの布。
正しい布の巻き方を習って、さあみんなでマサイ人…

しかし、みんな子羊の群れに興奮して、マサイ人そっちのけ。
だってかわいいんだもの~


「最近、あらゆる動物と会話できるようになった」
と、動物好きで、会話可能な動物のレパートリーに豚まで入っているらしいいーちゃんが、子羊との対話と交流を鳴き真似で試みます。


いーちゃんは羊語を唱えた!


k22

羊が全員えりちゃんのとこに逃げていった!



いーちゃんいわく、
「あたしがそう指示した」
とのことです。


「えーと、そろそろダンス見せたいんだけど?」
とマサイの兄さん。

ああ、そうだったそうだった。
羊に興奮しすぎた。

男性たちが集まって、ダンスをしてくれました。

前半は、ライオンを刈るセレモニーのイメージで、みんなぐるぐる回ってる。
後半は、順番にみんながぴょんぴょん高く跳ねてる。

k23


こ、これは……!


協力隊でアフリカに行く事になったとき、職場の先輩に
「ヤリ持ってぴょんぴょんするんでしょ」
と言われたけど、あのアフリカのステレオタイプはここからきてるのか・・・

けれど先輩。
彼らが持ってるのはヤリじゃありません。

「これは、何に使うの?」


「これは、ライオンと戦う時に使う武器さ!」

k24


…ちっちゃ!!
リーチ短っ!!!
肩たたきに良さそう。


「じゃあ、ライオンと戦うこともあるんだね。」

兄さん、ニヤリと笑って「Already」

「ああ。俺はすでにこの手でライオンを倒した事がある…」

おお!!そういえば、この兄さんの右上腕全体に大きな傷跡がある…

k25


「も…もしや、この傷は、そのライオンと戦った時の…?」



「いや、これはただの火傷だ。」


おっちょこちょいか。


その後、木の摩擦で火をおこすとこを見せてもらいました。
3人がかりでかわるがわる棒をすりあげて、着火までわずか3分ほど。

k26


強い、デカイ手です。

k27


そのあと、おうちの中を見せてもらいました。
土と牛フンでできてる壁。私の任地でも土壁のおうちばかりだけど、それよりも内部が広い。そして窓が無い。これはマラリア対策なんだそうだ。こんなに寒くても、いるんだねえ、蚊。
しかしザンビアもマラウイもケニアもこんなに寒いのに(日本の11月くらいかな…)
アフリカの暑くて乾燥してるってステレオタイプは、いったいアフリカの何%にあてはまるんだろう。

k28


家の中に羊小屋まである。
「外で飼わないの?」と某隊員が聞いたところ

「ライオンとか肉食獣が来るからな…」

マサイ族の住居は、数年おきに転々とするらしい。
この村の土は分解された牛のフンだらけでふかふかしていて、まるであたり一面肥料みたい。「すごく土が肥えてるから、野菜とか育てたらいいのに」と言ったところ、

「象とか草食獣が来ちまうからな…」

ライフ・イズ・ハードボイルドだ。

あと、見て見て。
水の運び方が、他のアフリカ人と違う。
頭の上に乗っけないんだ。
首が弱いの??

k29


そのあとアクセサリー買って買って攻撃に遭い、
人懐こいマサイの子供たちの遊んで遊んで攻撃に遭った。
観光客慣れしてるなあ。

k30

だっこしてグルグル回されるのが好きらしい。
あたまの水玉模様は、んー、これ日本語でなんて言うんだろう。
ringworm。
頭部白癬?
アフリカの子供たちにはよくある。ウガンダでもよく見る。


総括すると、マサイ族はハードボイルドでビジネスマインド旺盛な民族のようです。
スポンサーサイト
旅行日記のつづき。

ザンビア、マラウイに友人たちに会いに行く事は早くから決めていた。

そこで、同期のいーちゃんから、
「おがちゃん、ヌ―見よう、ヌー。」
と熱烈なヌー押しがあった。

アフリカでサファリと言えば、タンザニアのセレンゲティやンゴロンゴロ、ケニアのマサイマラやアンボセリが王道なんだけど。
なんでも、8月上旬のこの時期、セレンゲティからマサイマラに向けて、ヌーの大群が餌を求めて大移動するらしい。その大移動を見よう、と。

当初、ウガンダの平和っぷりに慣れてる身としては、ケニアなんて怖くて行く気がしなかった。
だってね、「地球の歩き方」とか読んでみて。
ウガンダは、
「困ったら誰かに聞いてみよう!きっと誰かが助けてくれる☆」
なんて書き方なのに対して、ケニアは
「金で買える安全は買おう。ボラれても、必ずタクシーを使おう。昼間でも危ない。昼間の公園なんて絶対行っちゃいけない。襲われる。」
ていう脅しっぷり。
実際に私の友人は、賊に襲われボコボコに殴られ、下顎骨折etc.で日本に緊急帰国した。

でも、ザンビア・マラウイはケニア航空のチケットで周遊するので、どっちにしろ往路も帰路もナイロビを経由するわけです。ザンビア・マラウイだけなら590$、ケニアも行くと660$。
しかも、未知の国に行った時の、いーちゃんのアグレッシブさは知ってる。アグレッシブだけど、堅実。とっても頼りになる。宿やサファリもきちんと手配してくれた。


というわけで、
やってきました、

ケニアのマサイマラ国立公園!!
k1

体に巻いてるのは、マサイ族の布です。
元ベテラン販売員のいーちゃんによる、「一枚あっても良いよね!」というすすめに
「そ、そーだよね!」と乗って、女子7人中6人が買った。

ウガンダのマーチソン国立公園では、運悪く「視力検査か?」ってくらいの距離にしか見えなかったキリン。(運がよければ、マサイマラより近距離で見れるはずよ。)

それが、近すぎちゃってどうしよう、って程に見れます!
k2

キリンを正面から見たときの、ブサイクっぷりが好きだな。。

右下のシマウマ2頭、何をしてるかわかりますか。
これは見張りをしているポーズなのだそう。
シマウマの視野は広く、死角は後方約60度。
互い違いに立つことで、360度見渡しています。

なんと、ライオンのハンティングも見れました。
襲われたヌーが、果敢にライオンに飛びかかっていたのにびっくりした。
草食獣だからって、やられっぱなしじゃないんだ。


で、
肝心の、ヌー。

ナイロビ空港に着いた時、気づいた。
そういや、ヌーの姿を知らない。

どんなんだろ、ヌー。

これです!!

k3

どーん!!

ぶ、ブサイク…
っていうみんなの感想。

それがうじゃうじゃいる。
k4

そのヌーが、川渡りをするらしいんよね。
k5

一列になって、どどどどーーーっ!!とヌーの大群がやってきて、
k6

川のほとりで「よっしゃ行くでー」と
k7

「え、まじで?クロコダイルおんのに?」
「まじかー!クロコダイル、超怖いんですけど。」
k8

「やっぱ辞め!」と一列になって戻ってく。
k9

戻ったって、どうせ渡らなきゃいけないのに、何度もこれを繰り返す。

なんだか野生の動物も人間も似てる。



とりあえず、当分続きそうだから、ひとまずランチを食べようってことに。

わたし、代々木公園とか横浜の象の鼻公園とか、だだっ広い公園でピクニックするの大好きなんだけど、

今日はマサイマラ国立公園の木陰で、ヌーの群れを見ながらサンドイッチとゆでたまごとチキンとバナナとジュースのピクニック。
とってもぜいたく・・・
k0

そうこうしてたら「ヌーが川を渡り始めた!」との無線が、ガイドさんに入った。
急いで向かうと、

k10

ヌーが次々と渡ってる!!
力強い渡りっぷり。

ケニア隊員いわく、めったに見れるもんじゃない、3日ねばっても見れなかった人もいる、とのことなので、ラッキーでした。
満足満足!!

次はマサイ族との出会いについて。
ザンビア、マラウイを訪れて、ちょっと、いやかなりびっくりした光景…

m1

どこに行っても茶色い!!

ザンビア隊、マラウイ隊にはピンとこないかもしれない。
ウガンダは、場所にもよるけれど、わりと年中緑緑してるのです。
たとえばこんな。

yama

聞けば、ザンビアの雨季は12月から4月までくらいしかないんだそうな。
しかし、乾季に入って3カ月でここまで枯れるのか…

農民が何作って食べてるのか、ぜひ知りたい。
そんなわけで1人、マラウイの首都リロングウェから5時間、ムジンバ県にやってきました。

m2

んー、茶色い。

ここムジンバ県で、同期の村落開発普及員が農業普及事務所(?)で働いているのです。
結構直近になってからお願いしたにもかかわらず、快く泊めてもらって活動を見させてもらいました。
ありがとう、まいちゃん。。

さて、こんなに短い雨季だけで、どうやって農家さんは食べていけるんでしょう。

「雨季がスタートしたら、もうみんな一斉にメイズを播く!とにかくメイズ!メイズ命!そこらじゅうに播く!で、乾季に、低地で灌漑して、野菜を作って現金収入を得るんだよ。」

との言葉通り、メイズを育てた痕跡からすると、ウガンダほど土地を遊ばせずにそこらじゅうで作ってるような。
低地に降りていくと、確かに、緑緑してる!

m4

バナナまであるよ。
不思議……
(バナナは結構水分要求量が多い作物だと思うんだけど)

m5

ウガンダのように、マトケだのミレットだのソルガムだの米だのキャッサバだのサツマイモだのじゃがいもだの、いろんな主食を作っているわけじゃなくて、ほぼメイズ。てことはこの雨季だけで、1年分の主食が作れてしまうってことなんでしょうか。

可能なのか…?いや、可能なんだろうな…。
でもとうもろこしって、自家採種できないから毎年種買うんだよね??もったいなくないか??
しかも他の作物よりけっこう条間空けるよね??虫害避けるために。私の任地では、メイズといえば必ず間作するんだけど。
(メイズとメイズの間に違う作物を植える。Intercropping。)
なぜ長年メイズオンリー?
不思議……

この灌漑圃場はグループで作ってるんだそうです。
グループで共同で栽培するっていうのも、自分の任地じゃあんまり聞かないなあ。

これは牛フンから肥料?堆肥?を作っているところ。
m3

棒を抜いて、発酵度合いをみるのだそう。
この知識はもともと土着のものらしい。
自分の任地に有機肥料の作り方知ってる人なんて、ほとんどいない…

農家さんがごはんを出してくれました。

m7

シマと、キャベツの和えものと、レイプ(青菜)のGナッツ和え。
食べてるものも、ウガンダと変わらない。
むむ…不思議…

こうも気候条件が過酷で、なぜ生活が同等レベルなんだろう…
なんとなくですが、きっとウガンダが土地集約的で、マラウイが労働集約的なのかなあ。
以前、ウガンダ西部のブシェニ県を訪れたときに思ったんですが、
ブシェニ県では農家1件当たりの耕作面積が約0.5エーカーと、めちゃくちゃ小さいらしい。
その代わり、農家さんはキノコ栽培とかパイナップルジュース販売とか、養蜂とか、換金作物の栽培や農業ビジネスがとても盛ん。
対して私の任地クミ県のある郡は、農民1件あたりの耕作面積は約2エーカー。うち換金作物用が約0.5エーカー。粗放的な農業にならざるを得ないのか…。乾季に作物作る、なんてあんまりやらないし。
とっても興味深い。

m6

これは友人が指導したという改良かまど。
ちょっと壊れてるらしいけど。

アフリカ来る前はなめてたのですが、改良かまど、ウガンダでもマラウイでもザンビアでも評判いいようです。

「本当、なんにもないとこなんだけど」
と言われたけれど、なんの、すごい勉強になりました。
なにより感服したのは、彼女が現地語を相当程度理解していたこと。
話しあいでは全て現地語で話していたし、参加者の言葉も聞きとっていた。
話が込み合ってきたときだけ、通訳をお願いしていただけ。

ウガンダは英語がそこそこ通じるものだから、ここまでできる隊員滅多にいないんじゃないかな。

日暮れまで働くハードワーカーっぷりもすごい。

m8

あとね
マラウイ隊員の不思議。
なんだかやたら任国(マラウイ)を謙遜する。悲観している。

「ほんとに、なんにもないとこで」を何回聞いたか…
ルワンダのほうが首都の規模ははるかに小さいけど土産物とかもあんまりないけど、ルワンダ隊員は「首都でなんでも買える」と豪語している。

「なんにもないとこでもーしわけない、お土産代りに、これもってく?ムジンバの名産なんだけど。」
と、ローズクウォーツの原石をポンっと手渡されてびっくりしました。
「名産であってもさあ。研磨・加工する技術がないからね。ペーパーウェイトにしかならないでしょ。」
ということらしい。

別行動していたいくちゃん、いけちゃんは、難民キャンプやポッタリー(焼き物)を作って売ってる湖のほとりのロッジに行って、「ちょー楽しかった!!」と隊員ドミトリーに興奮して帰って来たのですが、
「え、でもそこ、なんにもないでしょ?」と驚くマラウイ隊員。

きっと2年をマラウイで過ごしたからこそ感じる無力感があるのかもしれません。

隊員ドミトリーにある、クラフトや一村一品プロジェクトの商品たち。

m9

一村一品商品の、トマトソースがすんごいおいしかったー

次はリロングウェを発ち、ケニアのナイロビ、そしてマサイマラ国立公園へ!
当初、えいちゃんと企画したのが発端のザンビア旅行。

やっぱ観光地の、ヴィクトリアの滝には行きたいよね!
とウキウキして2人で話してたわけですが
マイクロフライトやりたいなあ、空からアフリカの大地を見てみたい。
と言ってた私に、えいちゃんが真面目な顔で

「おがちゃん、進路のためのお金とかもあるし、俺、アトラクションとかやるのはやめとこうかなと思って。節約のために。」

というので

何かっちゃあジブリ押ししてくるえいちゃんに


「飛ばねえ看護師はただの看護師だ


と意味不明な説得を試みたところ


「そ…そうか!!だよねえ?!」

と、何か納得したらしい。
ちょろかった…


そんな経緯もありつつ、首都から7時間かかって来ました、リビングストーン。イギリス人探検家の名を持つこの土地に、ヴィクトリアフォールズはあります。4~6月くらいの満月の日だと、夜に虹が見えるのだとか。これをルナ・レインボーというのですが、それが有名。

乾季に入って少したつので、水量も落ち着いてきて見やすいです。

z8

いつでも二重の虹!

z9

私がすごくやりたかったマイクロフライトというのはどういうもんかというと

こう、パイロットの後ろに乗って、インカム付ヘッドホンとかヘルメットとかつけて

z10

助走をつけてー

z11

いってらっしゃーい!!となります。

z12

飛行機乗ってても、離陸の瞬間とかすっごい好きなので、これは楽しかったー

こんなかんじに上空から眺めます。
手前にザンベジ川。
眼下にヴィクトリアフォールズ。
その向こうは隣国、ジンバブエ。

z13

反対側から…

z14

滝が良く見えます。

z15

飛行中はものすごい安定してる。
頼めば結構傾斜してもらえるようなんだけど。

2年間、何度も思ったことだけど、やっぱりアフリカはなんてきれいなんだろう。
いろんなことがあったけど、アフリカに来れて本当によかった。
また戻ってこよう。
いつまでも元気なままでいたい。
もっときれいなものをいっぱい見たい。

愉快な仲間たちとここに来れて良かった!!

おいしい魚介類も食べれて、テンション上がりまくりなリビングストンでした。

z16
z17

首都に戻って、ここでえいちゃんとはお別れです。
さみしがるえいちゃんを残し、
いくちゃんといけちゃんと、陸路国境越えしました。
次はおとなり、マラウイ!
2泊3日のひとり旅。
この7月の末、ふたたび任国外旅行に出かける事にしました。
観光もいいけど、他国でがんばってる同期のボランティアたちに会いたい!
そんな旅日記を今日からぼちぼちあげていきます。

ってことで、まずは南部アフリカのザンビアに行ってきました。
メンツは看護師のえいちゃん、いくちゃん、PC隊員のいけちゃんです。
人もPCもなおせちゃう、ドラクエ的には守備最強なパーティー。

ナイロビ経由で6時間半。
ザンビアの首都、ルサカに到着~。
z1

おお、なんか、なんか、ウガンダとチガウ!
ルワンダのキガリに到着した時の(うわ、全然変わらない)という印象とは違います。

そこで、何かっちゃあ静岡押しをしてくるえいちゃんが
「上九一色村に似てんな。」
と断言。
z2
一同、オウム真理教の話をしながらなごやかに、ルサカの隊員ドミトリーへ。
(上記の写真はあんまりそれっぽくないんだけど)

詳しい経済指標などは知りませんが、ザンビアはウガンダよりも発展している!!と思う!!

南アフリカに面してるってこともあるからかな。
ちなみにアフリカ最大の経済大国は南アフリカです。
東アフリカの大国は、ケニア。
西アフリカは…ナイジェリア?


ウガンダ隊員の感動どころとして…


①ケンタッキー・フライド・チキンがあるよ!!
z3

ちなみにウガンダにもあります、KFC。
しかし、キセメンティ・フライド・チキンです。
キセメンティってとこにある、フライドチキン屋。
…マズイらしい。

②なんかチーズがうまい!!
z4

私たちが「エロ顔の牛のチーズ」と名付けたこの一品。
ちゃんとハムの味がしっかりする。
スプレッドとしてパンに塗っても絶対おいしい!
ひょっとして南ア産だったかもしれない点は、このさいどうでもいい。

③ポテチもうまい!!
z5

なんせ帰国を控えた最古参隊次の私たち。
どんなにザンビアがウガンダより進んでようが、別に心穏やかでいられた。けど、このポテチ食べたときだけ(負けた!!)と感じた、ザンビア産ポテチ。ポテチが湿気ってないとか、油臭くないとか、複雑な味がするとか、もうすごい衝撃。ケニア産ポテチよりはるかにクオリティ高い。食品加工業がちゃんと発達してるってことなんかね。

④豚しゃぶがあるよ!!

多分大多数のウガンダ隊員は豚肉が大好きだと思う。
人口の3割くらいムスリムなので、豚を食べれる場所っていうのは大抵町の中心から離れた辺ぴなところにある。気軽に食べに行けない距離が、私たちの豚への飢えを育てている。
豚見かけたら思わず「Pig」じゃなくて「Pork」って言っちゃいそうなくらい。
村の中にひっそりとある豚肉売り場見つけたら、バイク運転中でも2度見しちゃうくらい。

でもってウガンダ隊にとって、豚肉といえばこんなかんじ。
焼き豚肉を手づかみで食べる。
u1

でもザンビアには韓国レストランにしゃぶしゃぶがある。
この際しゃぶしゃぶは韓国料理じゃないとか、そんな狭量な事はどうでもいい。ありがとう韓国人。
z7

そしてありがとうザンビア隊同期たち!!
みんなで力を合わせてもてなし、めちゃくちゃ感動しました。
z6

次の日は観光地、リビングストーンへ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。