上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋を明け渡すために掃除をしていたら、テソ語の教科書が出てきた。2年前、挨拶すら知らない状態から、勉強のために買った小学生向けの本。あんまり読み込まなかったけど、今じゃ結構読める。

「Toto na.」(これは、お母さんです。)

うんうん。
次のページをパラリ。

(これは、壷です。)

うんうん。
次のページをパラリ。


(お母さんは、壷の中にいます。)



う……うん???!!!



死んでる?!
(この国は土葬)



なんちゅう教科書だよ。
別に母さん殺さなくたって、naka(英語でいうと、inにあたる)を使った構文は作れるだろうよ。


10月17日、後任さんがクミにやってきました。
私が赴任した頃は首都でのテソ語訓練は無かったけれど、彼女は5日間受けてきている。ワンダフル。
どんな構文習ったの、と聞くと

「あなたのペンを貸して下さい」

うんうん。


「いいえ、私はあなたには一生ペンは貸しません。」


う……うん???!!!



ヒドイ!!


「でも、そう教科書に書いてあったんですよ。」


なんちゅう教科書だよ。
実践的なのかそうじゃないのかよくわからん。


なにはともあれ、
おうちを後任さんに引き渡し、ホテルに移りました。
2年間住んだこの町を離れるまで、あと2週間。
kumi2
arise


農家さんちを巡回するのも最後。

案の定、「もっといろいろやれたことがあったよなあ…」とか後悔してる自分がいる。
達成感より無力感を感じることのほうが多かった2年1カ月。


子供に囲まれながらの農家巡回も最後。
子供なんて苦手だよ、と思っていたけど、無理せず適当に遊ぶのが楽しくなった。

nouka

いままでありがとう、と農家のDavidが鶏をくれた。
「どうもありがとう。Davidって名付けるよ。」

バイクにくくりつけて帰りました。

toribike

Davidは後任さんと私の手によって、チキンライスと卵スープになりました。
オティム隊員の、鶏絞め講座がさっそく役に立った。

omurice

また、別の日。

いちばんお世話になったカニュム郡にて、チーフ宅でお別れ会をしました。
「日本食作るよ!」と作りだしたお好み焼き。
具はキャベツ・トマト・チキンです。

okonomi

ちなみにこの郡事務所では、チェアマンだけがムスリムです。
禁忌の豚の他、食肉の締め方には決まりがあります。
そしてチーフが自宅でこっそり飼ってる豚は、目が届かない所に連行されつながれる。

しかし写真撮影中に逃走を図るというハプニング。

pig

チェアマン苦笑。

お好み焼きを初めて食べる人たち。
お代わりしてくれたんで、まあ好評だったんではないかな。

okonomi2

チーフが気を利かせて、アコンゴ(テソ族の音楽では代表的な楽器)の演奏者を呼んでくれていました。数々のコンペティションで賞をとった腕の持ち主らしい。
「アチョラのために即興で歌ってくれ」と言われて、
「エヤラマ、アチョラ(ありがとう、アチョラ)」の歌を歌ってくれました。

シャイな人が多いテソエリアで、珍しくダンスをちょこっと見せてくれた。ほんとにちょこっと。しかも照れ照れ。かわいい。

チーフのスピーチが印象的でした。
「この国は、郡は、いろんな国から援助を受けてる。お金ももらってる。お金はいい、いろんなものが買える。でも、向上に必要なのは、お金よりもアイデアだ。自分たちに必要なのはアイデアだ。アチョラはそれをくれた。本当にありがとう。」

ひきあげ前日には、オンギノ郡のアグリカルチャーオフィサー、エムルワンが「飲もう~」とホテルまでやってきてくれた。彼はカウンターパートであり、ご近所さん、飲み友達でもある。
週末はマネジメントのマスターをとるために大学院に通っているエムルワン。来季からはドクターコースに進学するのだそう。
農学部出身の彼がマネジメントを学んでいる理由は…

「アフリカの問題のほとんどは、資源の不足の問題じゃない。マインドにあるんだ。マインドはマネジメントで変えられる。だから自分はマネジメントを勉強してる。いつかはNAROのトップになるんだ。」
NAROというのは、国立作物資源研究所。


本当に良い人たちに出会えました。

minna

上司とかカウンターパートとか

引き上げ前日の早朝に「日本に持って帰ってくれ!」とGナッツ5kgを持ってきた農家さんたち。お父さんへのつまみの他は、JICA事務所で配らせていただきました。。
今考えたら、半分だけありがたく頂くというほうが良かったか…

それからしょっちゅう昼ごはんに突撃した、なかよし県庁の秘書たち。人間関係に悩むと言えば、この同年代の女子たちのおねだりだったんだけど、彼女たちと付き合っていなかったら、女性の生活の厳しさなんて目につかなかったかもしれない。

クミ県では今から某NGOが女性保護施設を立ち上げる。

みんなの生活がよくなるといい。
また戻ってきます。

さよならクミ。

kumi
スポンサーサイト
先週の日曜日は、最後のソロティ会でした。
ウガンダ隊の任地で最も暑い、テソ地方で暮らす5人+ゲスト隊員2人でホロホロ鳥+@を食べることに。
ホロホロ鳥ってのは、なんだかファンタジー漫画にでも出てきそうですが、フランス料理では高級食材なんだとか。あんまり卵産まないんだって。

☆☆おいしいホロホロ鳥スープの作り方☆☆

①まず、ホロホロ鳥をGETしましょう。その辺を歩いているホロホロ鳥を見つけ、持ち主に「欲しいんだけど」と伝えます。このとき、真剣にホロホロ鳥を食べたいんだとアピールすることが必要です。
「冗談なんだと思われてた」by オティム隊員。

②つぎに、ホロホロ鳥を捕まえられる、セボ(男性のこと)を用意しましょう。俊敏であればなおGood。なぜならホロホロ鳥はとても素早い。とても捕まえにくい。罠をかけないと捕えられない。時に数日にわたる追いかけっこにもなりかけない。お買い求めは計画的に。

③ナイフ、お湯、桶の他、鶏の屠殺に熟練した助手を用意しましょう。今日は数々の鶏をその手にかけてきたオティム隊員にお越しいただいてます。ぱちぱちぱち。
「たまになんか、無性に鶏をしめたくなるんですよね。」
彼の帰国後が心配です。

④「じゃー、鳥の頭をこう掴んでもらって。ここの頸動脈、さっき見つけましたんで!ここをスパッと。スパッと切ってくださいね。切り損ねると、みんな返り血浴びちゃいますから!ははは」
さわやか。
実にさわやか。
赴任時から1年10カ月、彼のさわやかさは消えていない。
言う内容が怖くなっただけで。

右手に包丁、左手に鳥の頭。
左手に包んだ鳥の温かさを感じたら、もうだめでした。
「やっぱ絞めれない……」
というわけで絞め役はきりさん(動物園勤務)にバトンタッチ。
ホロホロ鳥の胴体抑え役はオティム隊員。
26

散々見慣れてきたけれど、生き物を食べると言うことは、この暖かい生き物の息の根を止める事なんだと改めて思い知った。

ここからは写真が続くので、大丈夫な人だけどうぞ。
... 続きを読む
9月頭に日本に一時帰国してたのは大学院を受験するためだったんですが、無事受かりました。
1カ月以上前にわかってはいましたが、留学への未練も捨てきれず、悩んだところ…

日本の院に行くメリットが大きそうかなと
金で散々苦労する学生生活はもうこりごりだし
フィールドリサーチもじっくりできそうだし。
開発の世界に身を置いても、自分のアイデンティティはリサーチャーなんだと思う。
現場を正しく捉えて考える開発ワーカーでいたい。
という自分に、2年という期間と、指導教授の専門分野は、とても合ってるんじゃないかと。

というわけで4月から関西で大学院生。
学割とか使えちゃうんだ!と変なところで感動した。



じゃあ9月に一時帰国するくらいなら、特別任短すればいいじゃん、ていう話なんだけれども。
(特別任期短縮制度=進学、就職等進路の都合により1カ月未満任期を短縮する場合、2年間の任期を満了したものとして扱われる)

どうしても、任期を延長してやり遂げたい事がありました。

それが、肥料実験。

任地クミ県では、他県と比べてかなり平均収量が低い。
その原因は、土壌にある。保肥性も保水性もとっても悪い。
砂質を多く含むので、JICA専門家や稲作隊員たちからは、
「肥料やってもあんまり効果が無い」
と言われる。

じゃあ、なにも力になってあげられないの…

でも、クミのオフィサーや農家さんたちは、
「野菜とか米に施肥したことあったけど、効果あるよ。」
と言う。

しかしこれでは、根拠がない。「肥料あげたら?」ってアドバイスはできやしない。

そこで、ミスターネリカに聞いてみた。
ウガンダの稲作振興プロジェクトには、ミスターネリカという、途上国での稲作指導歴約30年のすごい専門家がいる。
60過ぎてるのに、アフリカ中飛びまわってる。
60過ぎてるのに、テニスでジャンピングスマッシュしようとする。
そんなおちゃめなナイスシニア。


「ん~、意味ないってことは、ないんじゃない?」
「わかんないことは、土に聞いてみたら。」


そんなこんなで始めた肥料実験。
自分一人で実験圃場を作るのは手間も金もかかるので、圃場管理能力が高い農家さんちで実験してました。
しかも雨季が遅れたから、収穫も後ろにずれこんだ。
なので、任期を延長したわけです。

第1回の施肥をしたときには、あんまり違いが見られなくて
これは、もしや、がっかりな結果に終わるのかと…
j0
右、肥料なし。
左、肥料あり。

2回目の施肥から1ヶ月経った今日、農家さんちに行ってみると。
「違いが出てきてるよ」と。
遠目から見ても、穂長がなんかチガウ!!
j1
右、肥料なし。
左、肥料あり。

この写真だとわかりづらいかな。
肥料なし、ありを2反復させているので、それを見てみましょう。

まず、肥料なし。
nf1
nf2

で、肥料あり。
f1
f2

おお!
肥料ありのほうが、もっさりしてる!

穂もいいかんじ。
j2

実際に収穫して、収量を比較して、肥料の価格などから経済性はどうなのか検証してみないことには、肥料をあげたほうがいいのかよくわかりませんが。
こんなにはっきり違いがわかるとは、うれしい。

やったねオカジェ!!
と2人でキャッキャと喜びました。
j3

一緒に巡回して、この各地の実験を共に指導してきたコメ農家のリーダー、オカジェは、かなり稲作の知識がつきました。よって、NERICA帽子を進呈。
「みんな、稲作でわかんないことあったら、オカジェに聞けばいいもんね。これは、ライスアドバイザーだって証明。」

延長した甲斐があったー!
村落開発普及員って言っても、その生活レベルには結構な差がある。

2口ガスコンロ、冷蔵庫、電子レンジ持ち、あったかいシャワーもあるっていうハイソな隊員もいれば、

電気なし、水道無しって隊員もいる。

そんなド田舎隊員の矜持は、その生活能力の高さにある。
生活と書いて、サバイバルと読む。

いかに少量の水で全身綺麗に水浴びするかについては、みんな一家言持っている。


そんなド田舎隊員の中でも、ウガンダ指折りのド田舎っぷりを誇る任地から、オティム隊員に、今日は炭の火起こしをレクチャーしていただきたいと思います。ぱちぱちぱち。

彼の任地に初めて行った時は、かなり衝撃でした。

感想その1

え、民家どこ???

感想その2

キャッサバが!!枯れている!!!
(キャッサバが枯れるって、すんごい乾燥してるってことです)

感想その3

マーケットどこにあるの?あッ、あそこ…  …あ、終わった。
(走る車窓から、小さなマーケットを動体視力でとらえた一言。)


同期のゆっぴーに、
「ウガンダ隊で一番ワイルドな男は誰だと思う。」
と聞かれて、
「そりゃーオティム隊員でしょ。誰かあのワイルドな生活っぷりに勝てる奴いる?」
と答えたところ
「あいつはワイルドっていうか、ネイチャー(自然)だろ!!」
と指摘された。

そんなネイチャー・オティムに、帰国前にいろいろ学んでおこう、と思った次第。
それが9月末、首都の隊員ドミトリーにて。
対抗馬として同期のえいちゃんが名乗りをあげました。

左、新聞紙を置いて、ちゃっちゃと炭を置くえいちゃん。
右、新聞紙をスギリの下に仕込んでいくオティム隊員。
030

左、えいちゃんはさっそく新聞紙に着火。
右、オティム隊員は慎重に炭を積んでいます。
童話「三匹の子豚」を思い出した。
033

オティム隊員はやっと炭を積み終えました。
ここに彼の計算が詰まっています。
034

ポイントは、下からの火の通り道をふさがない事、火の立ち上がるところに小さな炭がかかるように組んで、そこに着火させることらしい。で、下の新聞紙に着火する、と。

火が消えちゃったえいちゃんの炭に、今度は私流で着火を試みてみた。
着火の美しさが全然違う。
038

ほらほらっ。
040


そこへ、オティム隊員が炭の火起こし競争で「ぼろ負けした…」という相手のHくんがやってきて、
「今日はうまく火がついたんすね~?」と。

最短で、何分で炭に着火できるのか尋ねたところ、
「紙の使用量にもよりますけど、紙を節約しなくていいなら、2、3分でつけれますね。」

…すごい!!

今まで、着火に30分くらいかかってた。。

で、昨日、教わったことを実践してみたところ…


本当に2、3分でついた
それはもう、メラメラと。

ド田舎隊員、すごい。
この調子で、次回の「ド田舎隊員☆クッキング」は、~さばけ!ホロホロ鳥~をお届けします。
2012.10.07 餞別と中国人
世話になった友人やご近所さんに、ちょこっとづつ不用品をプレゼントしてます。

注意しなければいけないのは、平等さ。
ウガンダ人、とっても嫉妬深いです。特にモノが絡んだ時。
「なんであの人にはあげたのに、私にはくれないの?!」
「Bad girl!!」
とすごい勢いで非難されかねない。
お米の普及活動で、このへんの感覚は、すごーくよく身にしみている。

「やたらめったら人にあげると、ウガンダ人にもらい癖が付いて良くない」
と、不用品は全部売る!というスタンスの隊員もいる。
それもいいんじゃないか。
赴任して間もないころから、「あなたが帰国する時、服とかベッドとかマットレスとか、全部私にちょうだいね!!全部!!」といろんな人に言われて、私も辟易した。
中には町のマーケットで売りさばいていたツワモノもいました(笑)

洋服類やノート、文房具は、まとめて全部お隣のマグレブ(中学生くらいの女の子)に「お隣さんたちと、シェアして?」とお願いした。
マグレブには、超お世話になった。
私にいたずらしてくる悪ガキたちは、マグレブがシメてくれた。
ジェリカン(水を保管する容器)の藻の取り方も教えてくれた。
大雨のときには、「アチョラ!ジェリカン貸しな!!」とドアを叩いて、ずぶぬれになりながら私のお水を貯めてくれた。

……うわ、書いてたらせつなくなってきた。

案の定、「マグレブにはいっぱいあげたのに、なんで私にはくれないの?私にもちょうだいよ。」と言って来る人がいたんですが(しかも世話になった覚えが全くない…)、
「マグレブにあげたんじゃなくて、お隣さんとシェアしてってお願いしたんだよ。マグレブが持ってないなら、That's allだ。」
という説明で丸く収まった。はず。

そして、ウガンダ隊のみなさん、覚えているでしょうか。
1年前に歓迎会の余興で氣志團踊った時の、あのCrazyシャツは、いま!!!
yokyou


ヒルダが着てる。
crazy

同期のいーちゃんの、「全身で究極のダサさを追求したい」という熱い想いに従い、あえてのこのデザイン。あえてのこのピタピタ具合。
でもヒルダが着るとかわいい~。

友人たちには、2個づつ、理由付きであげてる。
ジョイスんちは、いつも親戚の子供たちが集まってるから、来客用マグカップ4つ。
カロんちは、家がそんなに広くないから、外でくつろげるように、マット。

案の定、ジョイスに「私、マットも欲しいわ。買おうと思ってたとこなの。」と言われるので
「そう?じゃあマグカップセットやめて、マットにする?1人2個までって決めてるんだよね。でもカロの家は、ジョイスんちみたいに広くないし、ソファーもないからさ。なんならあげたマグカップ、売ってもいいよ。」
ていう説明で納得した。

行きつけのレストランの、仲良しベティーにはハンドクリームとかボディクリームとかヘアクリームとかを、「同僚とシェアして」と渡した。接客業だからね。
記念に写真。
これはミスショット。
betty

「ブラひも出てんじゃん!ww」とベティーのお気に召さなかった。

目線がかわいいんだけどな。

最初はカメラで撮ってもらうの、そのへんの子供に頼んだんだけど、もう全然うまくいかない。
見かねて、食事中の中国人の女の子が「撮るわ」と撮ってくれました。
声をかけてくれるまで、中国人がいたのに全然気付かなかった。

「えー、どこから来たの??」
「中国だよ。」
「私、日本人だよ。」
「わかるわかる。カメラに表示されてたの、日本語でしょ。わたし、第2外国語で日本語勉強してたから。全部忘れちゃったんだけど…」
「私も高校で中国語勉強してたけど、ほとんど忘れちゃったな。2年住んでるけど、この町で中国人に出会ったの、初めてだよ。」
「私も、アジア人に会ったの初めて!」
「うん、この町に住んでるアジア人、私だけだからね。あ、インド人が少しいるか。」

彼女は1か月前に、Gナッツの買い付けにクミにやってきた女の子でした。
暇だったので、誘われるままに職場に行って、同僚の中国人(他にも男性3人いました)ともおしゃべりしてきた。女の子がとても嬉しそうだったのが嬉しかった。
「こんな辺鄙なところでなにしてるの?」つながりで、すぐに仲良くなれるなんて素敵だ。

先月、日本の元同僚が「無事に帰ってこれるかな、怖い…」と言って中国出張に出かけた話を思い出した。
もう落ち着いたかしら。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。